トンコハウス 短編映画「ダム・キーパー」&「ムーム」上映+長砂氏へのQ&A(サイン会予定)

「ダム・キーパー」ペイントリード、「Moom」アートディレクターを務めた長砂さんをお迎えし、上映後にQ&Aを開催いたします。グッズ販売、サイン会も予定しています。
長砂さんへの質問を大募集です。質問はこちら から

【日時6月30日(土)開場 13:45  開演 14:00
【上映会場】起雲閣 2F

【あらすじ】ダム・キーパー/The Dam Keeper (18分)
大気汚染に覆われた世界の物語。大きなダムによって、汚染された空気の影響を受けずに生きながらえてきた小さな街があった。歯車仕掛けの風車を動かすことで、街を守ってきたのは主人公のブタの少年。周りから孤立しイジメにあいながらも、ひたむきにダムキーパーとしての仕事を全うしていた。ある日、彼の学校に転校生がやってくる。天真爛漫なキツネとの出会いは、少年の人生を変えるきっかけとなる。

ダム・キーパーの作品情報
監督: ロバート・コンドウ & 堤大介
制作国:アメリカ
制作年: 2013
第87回米国アカデミー賞短編アニメーション部門ノミネート

【あらすじ】ムーム/Moom(13分)
『ムーム』は、人間が捨てたモノに宿っている「思い出」が存在する不思議な世界が舞台。モノに宿った「思い出」は、準備ができるとモノから解き放たれる。主人公のムームは解き放たれず、この世界に留まっている「思い出」のキャラクターだ。ある日、ムームは同じようにモノから解き放たれない「思い出」の女の子に出会う。その新しい友達に、この不思議な世界について手ほどきしていくうちに、ムームは次第に自分を助けられるのはその女の子かもしれないと気づく。。

ムームの作品情報
監督:ロバート・コンドウ & 堤大介
制作国:日本
制作年:2016

 

【舞台挨拶】長砂 賀洋 氏 挨拶 (予定)
グッズ販売の情報とサイン会も予定しています。

 

料金(税込):
6月30日 1日パス券2,200円または4日間通しパス券4,000円
1回券(短編~当日券現金のみ対応) 大人900円 子供450円
(こちらのプログラムは高校生以下が子供料金です)
※この1回券は短編プログラム用です。長編プログラム用とは異なりますのでご注意ください。

6月30日 1日パス券のご購入はこちらから >
*クリックすると購入ページに行き、「1日パス券」をクリックすると購入ボタンが出てきます。
4日間通しパス券のご購入はこちらから >
*クリックすると購入ページに行き、「4日通しパス券」をクリックすると購入ボタンが出てきます。

コンセプトアーティスト
長砂 賀洋 氏のご紹介:

鳥取県出身。京都精華大学テキスタイルデザインコース卒業。アニメ美術背景スタッフとして多数の作品に携わった後、渡米。トンコハウスの堤大介、ロバート・コンドウ監督作品「ダム・キーパー」ペイントリード。「Moom」アートディレクター。「ダム・キーパー、コミック全3巻」アートリード。現在もトンコハウスのプロジェクト参加中。