聖なるもの

【日時】7月1日(日)開場 9:45  開演10:00

【上映会場】 熱海後楽園ホテル

【あらすじ】4年に一度、映画研究会に現れるという「怪談の少女」。「少女」に選ばれ、彼女と作った映画は必ず大傑作になるという。一本の映画も撮れないまま大学3年生になってしまった僕の前に現れた「南」と名乗る黒髪の少女。優秀な後輩、伝説の先輩に囲まれ焦った僕は「南」を自分の映画に誘うが…。

 

【舞台挨拶】岩切一空監督

 

料金(税込):7月1日 1日パス券2,200円または4日間通しパス券4,000円

7月1日 1日パス券のご購入はこちら >

4日間パス券のご購入はこちら >

 

【ゲストプロフィール】

岩切一空監督

1992年生まれ、東京都出身。早稲田大学構想学部文化構想学科に入学後、映画サークルに入り、映画制作をスタート。処女作「 ISORATION」が早稲田映画まつりで当時審査員だった吉田大八監督の激賞を受け、グランプリを受賞。3作目となる「花に嵐」がPFFアワード2016において準グランプリとジェムストーン賞、日本映画ペンクラブ賞の3冠に輝き、カナザワ映画祭では観客賞と俳優賞(りりか)を受賞。MOOSIC LAB2017にて発表した本作「聖なるもの」がグランプリ、最優秀女優賞(小川紗良)、ミュージシャン賞(ボンジュール鈴木)、男優賞(岩切一空)の4冠に輝き、2018年4月にポレポレ東中野にて単独公開も決定した、新時代の到来を感じさせる最注目の映画監督。

 

【作品情報】

監督:岩切一空

出演:南美櫻、小川紗良、希代彩、 半田美樹、青山ひかる、松本まりか

制作:2017年

上映時間:90分

©️ 2017「聖なるもの」フィルムパートナーズ http://seinarumono.com/

 

※予告なく出演者が変更となる場合がございます。予めご了承ください。