上映作品

5月15日に最終応募が延長されました。審査委員会にて厳正に審査し6月上旬に全上映作品を発表します。

上映作に選ばれた制作責任者の方には、映画祭審査委員会の方より、招待状をお送りいたします。

フィクション作品(長編・短編フィクション映画・アニメーション含む)の中から15作品が、ドキュメンタリー作品(長編・短編ドキュメンタリー映画)の中から10作品が、また招待作品として3~5作品が、企画上映作品として2~3作品が、またVR作品やミュージックビデオ作品からは3作品、合計30作品以上の新作映画が上映作品として期間中上映される予定です。

また、開催期間中にサイレント映画の上映会を企画しております。

詳細は追って本HPでお知らせします。