熱海国際映画祭の審査委員

審査員

岡田裕岡田裕 / Yutaka Okada
映画プロデューサー

1938年東京都生まれ。早稲田大学卒業。 1962年日活に助監督として入社。石原裕次郎、吉永小百合全盛時代に助監督を務め、1971年よりプロデューサーとして活躍。1989年アルゴ・ピクチャーズ株式会社を設立し、現在、代表取締役社長として映画界だけでなく、TV、オリジナル・ビデオほかあらゆる映像分野で製作活動を続けている。主なプロデュース作品は『遠雷』(81)、『家族ゲーム』(83)、『お葬式』(84)、『櫻の園』(90)、『三たびの海峡』(95)、『福耳』(03)、『ベトナムの風に吹かれて』(15)など。

スコット・ヒラースコット・ヒラー / Scott Hiller
監督、EUCヨーロッパ国際映画祭 代表

25年以上にわたり数々の作品を世に送り出し、映画撮影における彼のディレクション、プロデュース力は国際的に認知されている。2003年には「Twin Towers」という作品で、ドキュメンタリーフィルムのディレクターとしてアカデミー賞を受賞。ECUヨーロッパ国際映画祭の創設者であり代表である。アカデミー賞をはじめ、ニューヨークインディペンデントフィルムアンドテレビジョンフェスティバル最優秀短編ドラマ賞、BBC、ディスカバリーチャンネル、ナショナルジオグラフィック等の年間ディレクター賞他受賞歴多数。

ホ・ジノホ・ジノ / HUR Jin-ho
監督

1963年、韓国出身の映画監督、延世大学で哲学を学び、その後韓国映画アカデミー(KAFA)を卒業。ホ・ジノ監督の初長編作品『八月のクリスマス(1998)』はカンヌ国際映画祭でも上映され、香港と日本で商業映画化し、90年代に最も高く評価された新監督デビュー映画の一つと称賛された。監督の第3作目『四月の雪(2005)』ペ・ヨンジュン主演の映画は韓国映画史上最大のヒットで日本における興行収入は約30億円を超えた。

行定勲行定勲 / Isao Yukisada
監督

1968年生まれ、熊本県出身。2000年『ひまわり』が、第5回釜山国際映画祭で国際批評家連盟賞を受賞。01年の『GO』で第25回日本アカデミー賞最優秀監督賞を始め数々の映画賞を総なめにし一躍脚光を浴びる。04年『世界の中心で、愛をさけぶ』は興行収入85億円の大ヒットを記録し社会現象となった。ほか監督作品『ナラタージュ』(17)、『リバーズ・エッジ』《第68回ベルリン国際映画祭パノラマ部門オープニング作品》など。ディレクターを務める《くまもと復興映画祭》で新作『いっちょんすかん』を上映するなど熊本の復興にも精力的に関わる。

杉野希妃杉野希妃 / Kiki Sugino
女優、映画プロデューサー、監督

1984年、広島県生まれ。慶應義塾大学在学中にソウルに留学。2005年、韓国映画『まぶしい一日』で映画デビューし、続けて『絶対の愛』(06/キム・ギドク監督)に出演。11年に東京国際映画祭、13年に台北映画祭で特集が組まれ、監督第1作『マンガ肉と僕』は東京国際映画祭等で上映。第2作『欲動』は釜山国際映画祭 「Asia Star Awards」の最優秀新人監督賞を受賞。16年、監督第3作『雪女』は東京国際映画祭コンペティション部門で上映された。出演作『海の底からモナムール』(ロナン・ジル監督)、『ユキとの写真(仮)』(ラチェザー・アブラモフ監督)が公開待機中。

Stephen David Brooksスティーブン・デイビッド・ブルックス / Stephen David Brooks
脚本家

アカデミー賞受賞歴のある映画プロデューサーJohn Dykstra(ジョン・ダイクストラ)とRichard Edlund(リチャード・エドランド)に師事。脚本家として世界的小説家Stephen King(スティーヴン・キング)に認められ、「スティーヴン・キングが認めた脚本家」として名前を挙げている。受賞歴:ECU The European Independent Film Festival (ECUヨーロッパ・インディペンデント映画祭)、The Chelsea Film Festival (チェルシー・フィルム・フェスティバル)ほか。

学生部門審査員

松永大司松永大司 / Daishi Matsunaga
監督

1974年生まれ。11年、現代アーティスト・ピュ~ぴるのドキュメンタリー映画『ピュ~ぴる』で監督デビュー。15年、初の長編劇映画『トイレのピエタ』(出演 野田洋次郎、杉咲花)が全国公開、日本映画監督協会新人賞などを受賞。17年、ロックバンドTHE YELLOW MONKEYのドキュメンタリー映画『オトトキ』が公開。最新作は、村上春樹原作『ハナレイ・ベイ』(吉田羊、佐野玲於出演)10月19日公開予定。

直井卓俊直井卓俊 / Takatoshi Naoi
映画プロデューサー

企画・配給のSPOTTED PRODUCTIONS代表。配給作品では『SRサイタマノラッパー』シリーズ(09-12/監督:入江悠)『フラッシュバック・メモリーズ3D』(12/松江哲明)『百円の恋』(14/武正晴)などが大ヒットを記録。若手監督×ミュージシャンの登竜門となっている映画祭『MOOSIC LAB』(12-)も主催し、昨年も『聖なるもの』(17/岩切一空)『少女邂逅』(17/枝優花)などが単独公開を果たす。その他、企画・プロデュース作品に『劇場版 神聖かまってちゃん』(11/入江悠)『5つ数えれば君の夢』(14/山戸結希)『私たちのハァハァ』(15/松居大悟)『はらはらなのか。』(17/酒井麻衣)などがある。現在も製作・配給の『アイスと雨音』(17/松居大悟)が絶賛公開中。